八龍社 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町箱川

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

吉野ヶ里町の神社

佐賀県道210号一武神埼線を神埼方面に向かい、国道385号の三田川バイパスと交わる「伊保戸」の交差点を過ぎて200メートルほど行った右手に鎮座されています。

気を付けていなければ気づかずに通りすぎてしまうような立地ですが、近くには箱川上分農村公園や吉野ヶ里こども園があるので、そこを目指せば比較的見つけやすい場所ではないかと思います。

社頭と鳥居。

鳥居のには「八龍社」の神額が掛かる。

境内の様子。

鎮座地 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町箱川2393

御祭神 八大龍王

勧請年月・縁起・沿革等は不明

社殿。平成30年に建て替えられたものです。

そして、狛犬ちゃん。なんですが、なんと社殿前にいたのは肥前狛犬でした。

クレオパトラを思い起こさせるような鬣が印象的な肥前狛犬で、顔の表情や尾などもしっかりと表現されていて、造られた石工さんのセンスの良さがわかります。

刻銘の入る肥前狛犬は少ないと言われますが、こちらの肥前狛犬ちゃんにはしっかりと刻まれているようです。

貞享4年(1687年)に制作されており、阿形の背中に刻まれた「寄進 藤渡八郎兵衛尉」の銘文がしっかりと読み取れます。

有明海沿岸の藤津郡で産出されたと思われる安山岩が素材だそうで、その石材で造られた狛犬は珍しいとされています。

拝殿の両脇に「八龍宮」の神額がありました。

新築記念の石碑。

宇賀神(右)。

今回の肥前狛犬ちゃんはかなり珍しく、この近くにある下藤の八龍社には同じ願主の天保3年(1683年)奉納の狛犬がいるということでしたので、近いうちにそちらも参拝したいと思います。

それでは、今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました