沖神社 佐賀県小城市芦刈町浜枝川川越

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

小城市の神社

こちらの沖神社はJR長崎本線牛津駅の南南西およそ2kmほどの距離、四方を田圃に囲まれた佐賀県小城市芦刈町浜枝川川越地区の集落の東の外れに鎮座されます。

国道207号線から県道43号牛津芦刈線に入り、天満頂交差点から南へ約1.8kmほどのところにある農協芦刈支所の交差点を西に、両側に広大な田圃が広がる農道を約1.2kmほど行った集落入り口付近に位置します。

開放的な明るい境内には唐破風付き入母屋造りの拝殿が建ち、その向拝下には見事な龍の彫り物、そして木鼻には狛犬が彫られており、境内右側の石仏群の中には恵比寿様が祀られていました。

佐賀市もそうですが鍋島藩の城下町だった小城市も商家が多く、むかしから商売の神様として恵比寿様を祀る風習があって今でも130体を超える恵比須像が残されているそうです。

その恵比寿様が祀られている石仏群の一番左端で、すっかり風化してしまった肥前狛犬が一体だけで守護していらっしゃいましたw

神社遠景。

境内入口に立つ台輪鳥居。

鳥居には「沖神社」の神額が掛かる。

文化2年12月建立の刻銘が入っております。

瓦葺き唐破風付き入母屋造りの拝殿。

向拝下の様子。向拝の上の方には見事な龍が彫られており、木鼻の部分からは狛犬が双方から睨みを利かせております。

拝殿に掛かる「沖神社」の神額。

拝殿の中の様子。

本殿鞘堂。

石仏群。

一番左側には肥前狛犬がいますが、すっかり風化が進んでおり前脚部分は欠けており顔の表情もうかがえることができません。

ただ、この様子を見る限りしっかりと自分の使命を果たしてきたことだけは間違いないようです。

境内の様子。

こちらの沖神社さんも周囲は田圃に囲まれて鎮座されていました。やはり有明海からの潮風から田んぼを護るために祀られたのは間違いないようですね。

川越地区も間もなく田植えが始まりそうですね。それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました