鳥海天満宮 佐賀県武雄市山内町大字鳥海

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

武雄市の神社

こちらの鳥海天満宮はJR佐世保線三間坂駅の東北東およそ2kmの距離、佐賀県武雄市山内町大字鳥海地区の鳥海集落の西側の町外れに鎮座されます。

国道35号小越交差点の西300mの交差点を北へ、突き当りの県道を横断し踏切を渡り県道38号相知山内線を900mほどにある三差路の、田圃の中を東に延びる農道を300mほどの鳥海川を渡った高台に位置します。

参道入口はこちらより南側になり、参道入口には飛び狛が載る石灯篭と台輪鳥居が建立されており、そこから100m先の境内入口に建立されている二の鳥居をくぐると、塩田型の狛犬が守護する入母屋造りの拝殿と神明造の本殿が建立されています。

神社遠景。

参道入口の台輪鳥居。

鳥居の前には飛び狛灯篭が一対奉納されています。

鳥居に掛かるのは「天満宮」の神額。

右の柱に「干旹文化十三歳次丙子十一月吉日」の刻銘が入ります。

砂利が敷き詰められた参道が一直線に境内に伸びています。

境内入口に立つ二の台輪鳥居。

こちらにも「天満宮」の神額が掛かります。

境内脇には鳥海公民館があります。鳥海は「とのみ」と読みます。

瓦葺き向拝付き入母屋造りの拝殿。

向拝下の様子。

拝殿の中の様子。幣殿入口の上の立派な「鳥海天満宮」の社号額がひときわ目につきます。

また、拝殿に奉納されている三十六歌仙画は100年以上も経っており、色褪せていたものを2015年に新調したということです。

村社 天満宮 杵島郡中通村大字鳥海
祭神 菅原道真
 鶴田因幡守唐津岸嶽城に住居の折り、心願により勧請せしを、天正十二年鶴田氏武雄に移轉の際今の鳥海村に遷座し、元和七年平山筑後守社殿を改築す、後武雄邑主鍋島家より地形三石を寄進し、代々崇敬浅からず、其他詳細の由緒は、天保八年出火にて悉く焼失せしを以って知るに由なし。
 大正四年十一月十一日神饌幣帛料供進指定
 氏子戸數 三百戸

“佐賀県神社誌要”より引用

拝殿の前の両サイドの石灯篭には「荒踊絵馬」と「天井絵」と描かれています。

どちらも重要有形文化財に指定されているようです。

また、秋の例大祭では山内町伝統の浮立が奉納されるようです。

こちらが天井絵ですが、拝殿の扉が施錠されていたので撮影することができませんでした。

社殿を改修した明治33年(1896年)に奉納されたもの。

透かし塀に囲まれた本殿。

塩田型の狛犬さん。造立年代や石工さんの名前は分かりませんでした。

御堂。

手水舎と記念碑。

記念碑。

神武天皇石祠。

神社北側の石段参道。

境内裏側の石段参道上に奉納されている飛び狛灯篭。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました