天満宮 佐賀県武雄市武雄町大字武雄新町

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

武雄市の神社

こちらの天満宮はJR佐世保線武雄温泉駅の西南西およそ800mの距離、佐賀県武雄市武雄町大字武雄新町に鎮座されます。

県道24号武雄多久線の武雄温泉入口の交差点から100m先を左折して長崎街道に入り、400mほど行った辺りから右手に見える小丘の上に位置しています。

趣のある木板で造られた案内板が指し示す北側の小丘に向かい、住宅の間の狭い路地に造られた石段参道を100mほど上がると石垣と一の鳥居が建立されているのが見えてきます。

狭い入口に立つ鳥居をくぐった先の境内もそれほど広くはなく、十五段の石段が備わった玉垣に囲われた場所に二の鳥居と本殿石祠が建立されています。

長崎街道沿いの参道入口に木版で造られた案内板が設置してあります。

どうやらこの通りは「長崎街道新町通り」と呼ばれているようですが、参道入口はこちらの細い路地を北に向かって進んで行きます。

坂道なんですが、休みなく続く階段ではなく途切れ途切れに造られています。こういう風に造られた石段参道はじつに助かりますw

境内前の最後の石段です。

境内入口には石段の幅の一の鳥居が建立されています。

参道脇の幟杭の横には倒壊した石灯篭などの石造物の残骸が転がっています。

一の明神鳥居。

鳥居には「天満宮」の神額が掛かります。

小山の山肌を削られて造られた境内は狭く、鳥居をくぐったすぐ先に4mほどの高さに組まれた石垣には玉垣が巡らされ、その中に鳥居と本殿石祠が建立されていました。

二の明神鳥居。

「天満宮」の神額。

本殿石祠。

本殿には天和二年造立の菅原道真公の座像が祀られているようです。

手水鉢と社号標。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました