川良天満宮 武雄市武雄町大字富岡川良

武雄市の神社

こちらの川良天満宮はJR佐世保線武雄駅の北方およそ800mほどの距離、武雄市武雄町大字富岡川良地区の街なかに鎮座されます。

国道34号線白岩球場入口交差点を北へ、県道53号武雄伊万里線を道なりに進んでJRの高架下を抜け、その先の小楠の交差点をさらに直進した約800mほどの道路右側に位置します。

境内は地区を横断するように流れる甘久川のすぐ南にあり、川の氾濫から守るためか一段高く土が盛られて建てられています。

境内入口に立つ台輪鳥居をくぐれば、大正2年生まれの狛犬が守護する入母屋造りの拝殿が建っております。開放的な中にもなかなか重厚さを感じさせる拝殿です。

社頭。周囲よりも一段高くなった境内入口に台輪鳥居が立っております。

鳥居には「天満宮」の神額が掛かります。

瓦葺き入母屋造りの拝殿。風通しの良い開放的な拝殿ではありますが、なかなか重厚さを感じさせてくれます。

大正2年1月1日生まれの塩田型狛犬は「武雄櫻町 石工 池田勘作」の刻銘が入ります。

拝殿の中の様子。拝殿の天井周りには36歌仙が読んだと思われる綺麗な歌が掛けられていましたが、とても綺麗で圧倒されます。

こうした造りの拝殿にしては美しさが保たれていて、驚いたのはもちろんですがかなり感動的でした。

川良天満宮の額。鹿と紅葉が描かれています。

本殿。

銅板葺き流造の本殿です。

拝殿東側の土俵。土俵の砂が流れ出さないように土嚢が積まれていました。

仏堂。

御神木と石祠。

境内の様子。

御祭神は菅原道真公と思われますが、境内に案内等がなく由緒沿革などは分かりませんでした。

街中に佇む古社。周囲の喧騒をよそに、なぜかこの場所だけはホッとさせてくれました。それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました