伏尸神社 武雄市若木町大字川古皿宿

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

武雄市の神社

こちらの伏尸ふしし神社は、JR佐世保線高橋駅の北西およそ8km、JR筑肥線桃川駅からは約4kmの武雄市若木町大字川古皿宿地区の街なかに鎮座されます。

国道498号線をバイパスに入らず、旧道の県道25号多久若木線と交わる若木町川古の交差点から北西に200mほどの国道わき、武雄市立若木小学校の南隣に位置します。

国道脇から右斜めに参道を上ると、五段ほどの石段と鳥居が立っており、境内の千鳥破風唐破風付きの入母屋造りの拝殿と流造の本殿を、昭和5年生まれの“かまえ”の狛犬が奉納されています。

社頭。国道よりも一段高く、参道が登り上がっています。

周囲よりも高い場所にありますが、境内へはさらに五段ほどの石段を上がります。

境内入口に立つ台輪鳥居。

鳥居に掛かる神額は「伏尸神社」が掛かります。

柱にはおびただしいほどの刻銘が入っておりましたが、建立年は分かりませんでした。

石灯篭。

千鳥破風唐破風付きの拝殿。

佐賀県では珍しい“かまえ”の狛犬さん。やせ型で炎尾という特徴がありますが、残念ながら石工さんの刻銘がありませんでした。

台座には「昭和五年十二月吉日」の刻銘が入ります。

拝殿の中の様子。「伏尸神社」の社号額が掛かります。

村 社 伏尸神社 杵島郡若木村大字川古
主祭神 往来直真根子霊
相殿神 菅原道真
    中筒男命
    大己貴命

 勧請年代明らかならざるも、天文二十年二月領主中野山城守益明改造し、弘治二年十一月馬渡八郎左エ門尉再建し、寛文元年十二月領主岡部宮内少輔源重利社殿一宇を改築せり。明治六年村社に列せらる。無格社合祀に依り祭神菅原道真外二柱追加す。
明治四十年四月十五日神饌幣帛料供進指定
氏子戸数 七百戸

“佐賀県神社誌要”より引用

主祭神に“往来直真根子霊”とありますが、“壱伎直祖真根子命(いきのあたいがおやまねこのみこと)”ではないかと思われます。

その後、明治の神社合祀の際に菅原道真・中筒男命・大己貴命の三柱が追加されたようですね。

流造の本殿。

境内社。入口が工事中になっていました。

ひょっとして鳥居か何かが建立されようとしているのでしょうか。

向拝下の様子。右三つ巴紋が入っております。

八幡様でしょうか。

境内社の両側にある石祠。左が「祇園牛頭天皇」、右が「金毘羅大権現」です。

境内西側に祀られている石祠群。

手水鉢。

御神木のクスノキ。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました