愛宕神社 佐賀県唐津市厳木町箞木

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

唐津市の神社

こちらの愛宕神社はJR唐津線厳木駅の西におよそ1kmの距離、佐賀県唐津市厳木町箞木(うつぼぎ)に鎮座されます。

2024年3月で閉校となった旧国道の県道350号相知厳木線沿いにある唐津市立箞木小学校の斜向かい、東西に走る線路沿いの集落の南側の小丘の上に位置します。

道路際に奉納されているのは、長崎県で見かける鎮信鳥居に似た個性的な鳥居です。鳥居をくぐるとすぐに石段参道があり、50段ほどの石段を上ると周りを遮る木々もない開けた境内が現れ、切妻造り妻入りの社殿が建立されています。

由緒沿革等については不明ですが、社殿の中には白馬に乗った人物の御神体が祀られていることから、神仏習合の神号である愛宕権現の本尊の勝軍地蔵と、権現として祀られた伊邪那美命ではなかろうかと思われます。

社頭。

石段参道前には、「昭和九年十一月吉日建之」の刻銘が入る、笠木の両端が反り返った肥前鳥居の長崎バージョンの鎮信鳥居に似た鳥居が建立されています。

鳥居には「愛宕神社」の神額が掛かります。

参道前には石造りの常夜灯が奉納され、50段ほどの石段参道が小丘の上へと伸びています。

石段参道を上がると砂地が広がっており、周囲を囲むような樹木も狛犬などの姿もないので、実際よりも広く感じてとても開放的な境内がありました。

向拝付きの切妻造り妻入りの社殿。

社殿の中の様子。

奥の木造本殿には、白馬に跨った黒っぽい人物の御神体が祭祀されています。おそらく、神仏習合の愛宕権現の本尊の勝軍地蔵菩薩であろうと思われます。

社殿の右隣りに建立された御仏堂。

十一面観世音。

自然の災害によるものなのか、十一面観世音の石碑の上部は掛けており、左側の神馬か神牛と思われる石造物も頭部が無くなっています。

石段参道を上がったところに造立されている手水鉢。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました