八幡神社(星賀神社) 唐津市肥前町星賀新田

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

唐津市の神社

こちらの八幡神社(星賀神社)は、唐津市肥前市民センターの西北西およそ3.2kmの距離、唐津市肥前町星賀新田の集落西の外れに鎮座されます。

国道204号線の古保志気交差点から西、県道217号星賀港線を道なりに進んで星賀港沿いに海岸線を北上すると、やがて鎮守の森を背にして鳥居が立っているのが確認できます。

参道入口に2基、境内東の入り口に1基、計3基の鳥居が建立されており、境内の中には5対の狛犬が守護する唐破風付きの拝殿と建立されています。

社頭に立つ一の明神鳥居。

鳥居には「八幡宮」の神額が掛かります。

左側の海は、長崎県の鷹島との間を流れる日比水道です。

二の明神鳥居。社殿まで80mほどの参道が続きます。

二の鳥居には「星賀神社」の神額が掛かります。

参道の途中でまず迎えてくれたのは昭和17年9月生まれの唐津型狛犬さん。

一直線に伸びた参道は綺麗に舗装されています。

二対目は昭和27年8月生まれの岩乗り狛犬さんです。同じく唐津型だと思われますが、唐津市鎮西町中野の「日枝神社」に奉納されている狛犬がよく似ています。

昭和生まれの狛犬さんが多い中、三対目は「明治廿三年寅十月吉日」の刻銘が入る狛犬さんです。

このあたりではあまり見かけないタイプの狛犬さんですね。

四対目の狛犬さんは平成21年3月生まれの岩狛さんでした。洗練された造形の狛犬さんです。

手水舎。

唐破風付き入母屋造りの拝殿。

佐賀県神社庁によると、祭神は品陀和気命(応神天皇)とされています。また、社号は「八幡神社」となっていましたので、こちらでも八幡神社で紹介させていただいております。

平成17年4月奉納の石灯篭。

左の灯篭の上部には阿形の狛犬が2体、柱の上の方には十二支が彫刻されています。

向拝下の様子。

拝殿前には五対目の小型の狛犬さんが奉納されています。

境内東側の入口に立つ明神鳥居。「八幡宮」の神額が掛かります。

神輿車保納庫。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました