日子神社 佐賀県佐賀市西与賀町大字相応津

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

佐賀市の神社

こちらの日子神社はJR長崎本線鍋島駅の南方およそ5kmの距離、佐賀県佐賀市西与賀町大字相応津地区の集落の北の外れに鎮座されます。

県道48号佐賀外環状線の相応津交差点を北へ、県道54号西与賀佐賀線を500m行った高太郎橋交差点から西に入った、本庄江川とクリークに挟まれた場所に位置します。

境内入口には享保11年に建立された台輪鳥居が立ち、入母屋造りの拝殿の前では砥川型の岩乗り狛犬が守護しております。

拝殿の後ろには四段に積まれた石垣の上に流造の本殿が建立されており、さらに周囲は玉垣で囲われています。

境内入口に立つ台輪鳥居。

鳥居に掛かる神額には「日子社」とあります。

左の柱には「享保十一龍集丙午仲秋吉祥日」。右の柱には「奉再建肥前國佐嘉郡與賀荘相應津 相應大権現祠前石鳥居銘」の刻銘がハッキリと読み取れます。

瓦葺き入母屋造りの拝殿。

台座には「明治三十三年庚子一月吉日」の刻銘が入ります。身体にコブのような筋肉の描写の狛犬は、佐賀市大和町久留間の「天満神社」に奉納されている岩狛さんとよく似ています。

拝殿の中の様子。

しっかりとした造りの流造平入の本殿。

摂社の稲荷大明神。

「八天狗」と「太神宮」の石祠。

石仏と「三界萬霊塔」。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました