大村神社 佐賀県唐津市浜玉町五反田

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

唐津市の神社

こちらの大村神社は、JR筑肥線浜崎駅の東方およそ3kmの距離、佐賀県唐津市浜玉町五反田の町中に鎮座されます。

国道323号線の「玉島小学校入口」交差点から北へ入り、玉島川に架かる「めずらはし」を渡り300mほど行った突き当りの場所に位置します。

神仏習合の名残りが残る境内には、唐津型の狛犬が守護する入母屋造りの拝殿が建立されており、樹齢300年の神秘的なイチョウの木が印象的でした。

境内入口の一の明神鳥居。

「大村神社」の神額が掛かります。

境内途中に建立されている二の鳥居。

二の鳥居にも「大村神社」の神額が掛かります。

昭和15年3月生まれの狛犬さん。唐津型の狛犬さんではないように思えます。

飛び狛灯篭。

御祭神 藤原広嗣朝臣

由緒 藤原広嗣公は、聖武天皇(奈良時代)の天平十二年(七四〇)十月十五日逝去。御連枝八男のうち三柱を当地に祭る。公は、大職冠藤原鎌足の孫式部卿宇合の長子で、聖武天皇の母君と光明皇后は叔母にあたる。
一門の繁栄は類ないほどであったが、痘瘡の蔓延により衰退し、政務の中心は、唐から帰朝した、僧玄昉と吉備真備に移った。天平八年(七三六)公が大養寺の守に任ぜられると玄昉、真備の讒言により、太宰少貳として筑紫に退けられる。その後は万民を酷使と重税に苦しめる悪政が続けられていた。公はこれを上表し二奸を退けることを乞う。
二奸は「広嗣反乱す」とし、大野東人をして、討伐に向けた。公は、板櫃川(北九州市)に対陣するが「勅使ある」を聞き「朝に敵するに非ず、二奸を退けるを乞うのみ」として、海外に逃れんとするが、荒天のため大村の里に漂着し、斬せられた。公の死後、天災地変、悪疫が続き「広嗣の霊のなすところといわれ、玄昉を筑前の観世音寺に弔わしめるも、まもなく死去。ついで真備も筑紫守に左遷されるが、不祥事が続くため、肥前守に移された。
真備は天平勝宝四年(七五二)、当地に無怨寺を建立し、厚くその霊を慰めたといわれる。その後無怨寺大明神として崇敬をあつめていたが、明治の神仏分離により大村神社と改称した。

御神木のイチョウ。

樹齢300年。

銅板葺き唐破風付き入母屋造りの拝殿。

昭和17年3月生まれの唐津型狛犬。

なかなか神秘的な感じです。

御堂。

境内社の愛宕神社。「愛宕山」の神額が掛かります。

本殿石祠。

境内社。

御神木のクスノキ。

樹齢800年。

神仏習合の名残りでしょうか。

種子板碑(しゅじいたび)。

板碑とはいわゆる供養塔で、鎌倉時代から安土桃山時代にかけてつくられ、死者の追善や後世の安楽を願って全国各地で造立されたそうです。

種子板碑の案内板。

「無怨寺」の碑。

境内の由緒書きにあるように昔は無怨寺というお寺だったそうで、その後は「無怨寺大明神」となり明治の神仏分離によって大村神社になったようです。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました