伊萬里神社 佐賀県伊万里市立花町東円蔵寺

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

伊万里市の神社

こちらの伊萬里神社は、JR筑肥線伊万里駅の北東およそ800mの距離、佐賀県伊万里市立花町東円蔵寺の町なかに鎮座されます。

国道204号線の伊万里川に架かる相生橋の北岸を川沿いに東へ500mほど、敬徳高等学校の南側に位置します。

境内の案内板。

御祭神
第三十一代敏達天皇皇子難波王 七世の皇孫葛城王橘諸兄命 伊邪那岐尊 伊邪那美尊 天忍穂耳尊 上筒男神 中筒男神 底筒男神 海津美神 彦太忍信命 田道間守信命

一の明神鳥居。

「伊萬里神社」の神額が掛かる。

伊万里川に沿って続く参道。

二の台輪鳥居。

二の鳥居には「香橘神社」の神額が掛かります。

社務所。

三の台輪鳥居。

三の鳥居には「香橘社」の神額が掛かります。

左の柱には「文化十三年丙子八月吉辰 厳栗山座主」の刻銘が入っております。

神橋。

神池。

四の肥前鳥居。

四の鳥居には「香橘宮」の神額が掛かります。

左の柱には「村中武運長久子孫繁昌二世安楽祈也」、右の柱には「享保十六年辛亥天三月」の刻銘が確認されます。

灯篭狛犬。

「文化十一年甲戌冬十一月吉日」の刻銘が入ります。

神馬。

五の台輪鳥居。

五の鳥居には「岩栗神社」の神額が掛かります。

おびただしいほどの刻銘が入っております。「石工 犬山太助」が確認できます。

東側の参道入口の一の台輪鳥居。

「戸渡嶋宮」の神額が掛かります。

右に柱に「文政二年歳次己卯九月吉日」の刻銘があります。

東側参道の二の台輪鳥居。

鳥居の横に「岩栗大明神」の神額が置かれています。

左の柱には「寶永五年歳次戊子春閏正月穀旦」の刻銘が入ります。

神門。

案内板。

神門横に祀られている石祠群。

英彦山神社。「明治二十九年丙申九月建立」の刻銘が入ります。

御神木の根元には八幡宮の石祠が祀られています。

岸壁にしっかりと根を張る御神木のクスノキは“むすびの大楠”として信仰されています。

下の境内前の石段。

手水舎。

上の境内への石段参道。

入母屋造りの拝殿。

塩田型の蹲踞の狛犬。

石工は犬山七五郎さんでしょうか。

拝殿の中の様子。

本殿。

境内社「中嶋神社」。

「菓祖 中嶋神社」の神額が掛かります。

背中にあばら骨が浮き上がったような骨格をした、佐賀県では見ないタイプの狛犬さんです。

台座には「文化十一戌年八月吉祥日」の刻銘が見えます。

中嶋神社の案内板。

境内社「西宮神社」。

大黒天や恵比須様が祀られています。

「楠森 船守 正一位稲荷神社」と「日峰社」の石祠。

境内社。

御札・お守り販売所。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました