八町大神宮 佐賀県杵島郡江北町大字八町南区

[AD]本ページにはプロモーションが含まれています

杵島郡の神社

こちらの八町大神宮は、JR長崎本線肥前白石駅の北東2kmほどの距離、佐賀県杵島郡江北町大字八町南区の集落の南の外れに鎮座されます。

六角川に架かる国道207号線の六角橋北側から六角川沿いに東へ1.3kmほど、江北町内を流れる川の水が六角川に流れ込む量を調整する東古川排水機場の西に位置しています。

境内入口には台輪鳥居、境内には比較的新しい築後型と思われる狛犬が守護する千鳥破風の向拝が設けられた入母屋造りの拝殿が建立されています。

また、境内の北には砥川型岩乗り狛犬が守護する石祠群があり、さらにその北には瓦葺きの簡素な社殿が建立されています。

社頭。

参道入口に立つ台輪鳥居。

鳥居には「大神宮」の神額が掛かります。

瓦葺き入母屋造りの拝殿。向拝には立派な千鳥破風が設けられています。

築後型の狛犬。

拝殿の中の様子。

流造の本殿はコンクリート製で、周囲は玉垣で囲われています。

案内板が無いので由緒等は不明ですが、夏になると境内では夏まつりが行われているようです。

社殿の左側には石祠群が祀られており、そこには砥川型の岩狛が安置されていました。

建立された年月日は不明ですが、その作風からすると江戸時代後期に作られた狛犬さんではないかと思われます。

石祠群の左側に建立されている社殿。参道には幟立石と石灯篭が建立されている。

境内の左側には題目塔と記念碑が建立されています。

記念碑を見ると「八幡神宮改築工事篤志寄付者」とあり、この社殿が八幡神宮であろうと思われます。

八幡神宮の拝殿の中の様子。

本殿正面。

本殿覆屋。

それでは今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングに挑戦しています。
⇩ポチッとクリックいただければとても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ



コメント

タイトルとURLをコピーしました